シボヘールと併用したい食事方法とは?

シボヘール使用中に痩せるための食事は、どうすれば良いでしょうか?

結論を言うと、僕の場合、段階的に食事方法を変えていきました。

お腹の脂肪を落とす食事と言えば・・・?

最近流行の糖質制限が有名ですね。
糖質制限に過酷な筋トレを主体に行うジムも多く存在します。

一気に過酷な食事制限をすると失敗する

僕の知り合い達も、その手のジムへ行っていました。
ただ、それなりの結果なんですよね。
糖質制限は、過酷な割にダイエットの成果が普通って感じでした。

急激な食事制限や運動は継続できない可能性が高い

もっと正確に言うと、みんなリバウンドしています。
辛い思いをして一度は成功するけど、結局元通りです。

糖質制限で失敗する理由って何だと思います?

実は、一気に過酷な内容の食事制限をするからなのです。
例えるなら、ゼロから、いきなり100にしちゃうからでした。

食事制限は段階的に行う事が重要

無茶し過ぎると失敗は、ほぼ確実
頑張ってシボヘールでダイエットを補助していてもです。

普段、糖質を食べまくっていたのに、いきなりゼロにするとどうなるか?

いきなり糖質をゼロにした結果

参考資料:停滞期は何故起こる?

急激な変化に身体がビックリします。
だから最初は痩せるんですよね。
でも、飢餓状態から身体を守ろうとし始めます。
はい、脂肪を逆に蓄えようとするのです。
その状態が停滞と言われています。

他にはストレスが溜まりまくって、思いきりリバウンドする例です。

では、どうやったら痩せる食事を継続する事ができるか?
実は、この答え、本当は皆知っているんですよ。

食事制限の第一歩は楽勝な所から始める

はい、少しずつ段階的に食事制限する事になります。
当然、無理しなくても絶対継続出来るレベルで行うのです。

炭水化物など糖質を制限するとどうなるか?

身体の脂肪をエネルギーに変えて、普通に痩せていきます。
ただ、摂取カロリーをオーバーしないように調整しなきゃいけません。

あと、本当にちょっとずつ実践する必要があります。
体と心がパニックにならない程度のレベルでやるのです。

僕は、そんな成功しやすいダイエットの食事方法を学びました。
シボヘール使用中に、この痩せる食事方法を習慣化していきます。

間食を工夫してみた

僕はシボヘールと運動で何とか成功したいと考えました。
そこで食事も工夫してみたのです。

まずは間食でよく食べていたスナック菓子をやめました
代わりに余裕があれば水を飲む形です。
空腹がヤバい時は軽くスルメも食べました。

スルメって、低カロリーでタンパク質が多いのです。
しかも、意外と空腹感を無くしてくれてビックリでした。

間食をスナック菓子からスルメにスイッチ

参考資料(wikipedia):スルメの栄養素

スルメと言えども、さすがに食べ過ぎはいけません。
カロリーオーバーに注意して必要量を確認する事が重要です。

メインの3回の食事での実践内容

そして食事の朝と昼はシンプルな考え方をします。
「単純に食べ過ぎない」
これを気を付けて普通に食べるのです。

一番肝心なのは夕食となります。
ここでスパッと糖質ゼロにしたい所です。
・・・が、いきなり白米を食べないとか辛すぎます。

そんな訳で、まずは夕食の白米を半分にしました。

夕食の白米を半分程度に減らす

さすがに摂取カロリーが多すぎるとどうにもなりません。
シボヘールだろうが、何だろうが意味が無くなります。

普段は大きめの茶碗に山盛り1杯を食べるご飯・・・
これを、とりあえず半分にしました。

おかずは野菜を多めにします。
そして肉、魚、豆類等でタンパク質を多く摂るイメージです。

おかずは野菜多めでタンパク質を意識する

まあ最初なので、脂肪は特に気にしないで食べちゃいました。
だからステーキとか焼き魚とかバッチ来いですよ。

こうしてご飯半分が慣れてきたら、さらに微妙に減らしていきます
これを繰り返し、夕食の糖質ゼロを目指すのです。

そして、間食の時にシボヘールを2つずつ沢山の水で飲んでいきました。

夕食からご飯パン麺類を段階的に無理なく減らす

この食事方法で夕食の糖質がゼロになったら・・・?

次は昼食の白米やパン、麺類等の炭水化物を減らしていくのです。
ここで絶対に無茶しない事!
これが停滞やリバウンド対策となります。

僕は、このような食事の工夫をして、シボヘールで成功を目指してみました。

関連ページ

飲み方の解説
実際にやって良かったと感じたシボヘールの飲み方を詳しく解説します。
運動と併用
シボヘールと脂肪を燃やすための運動を併用してみました。僕が実際に行った具体的な内容を公開します。
成功する可能性を上げる
シボヘールで成功する可能性を上げるにはどうすれば良いでしょうか?僕自身の成功体験からわかった内容を公開します。