シボヘールは効果があるのか中年男が試してみた

シボヘールというサプリの効果が気になって、中年男ですが試してみようと思いました。
ちなみに僕は、遠目に見ると痩せ型に見える体型ですが、お腹だけは脂肪が付いていて割と恥ずかしい状態です。

痩せ型だけどお腹に脂肪がある体型

全体的にバランス良く太っていてお腹が少し出ていれば、あまり目立たないのですが、手足が痩せているとヤバイくらいお腹が目立ちます。
とりあえず、少しずつダイエットぽい事をやってみようと決心しました。
そんな時、シボヘールを発見して、何となく試してみようと思ったのです。

脇腹付近は大迫力の脂肪

何故シボヘールなのかというと、偶然目に付いた事もありますが、割と安かった事が第一ですね。
あとは、よくあるダイエットサプリもどきと違って、身体に悪そうなものは入ってなかったからです。
昔、ただの下剤みたいなダイエットサプリに当たってしまった事があるので、成分には真っ先に目が行っちゃいます。
まあ、僕の場合、昔はスポーツをやっていたので、軽く身体を動かしながら出てきた腹をどうにかする予定です。

シボヘールをダイエット中は飲む事にした

その補助に「シボヘールが使えると良いなあ」と思っているわけですね。
ここでは微妙にリアルタイムで、僕のお腹にどのような変化が出たか報告します。
そんな訳で、シボヘールの効果を食事の改善と運動を併用しながら、40代半ばの中年男が試していきますよ。

シボヘールを使う様子がわかる目次

シボヘールを腹の出た男が頑張って使っていく様子やリアルな効果が、ひとめでわかる目次です。

目次の場所説明

これからシボヘールを使ううちに新たな事がわかったら、この目次を更新していきますよ。

シボヘールを超気軽にお試し出来た理由

シボヘールを超気軽にお試し出来た理由は、安くて自由度が高かったからです。
まず定期便がスゴく安かったという点が上げられます。
他のサプリでもよく見かける初回が異常に安くて、送料無料というアレですね。

シボヘールを超気軽にお試し出来た理由のまとめ

疑り深い僕は、どうせ半年くらいは強制的に続ける必要があると思ってスルーしかけていました。
でも、シボヘールは、初っ端から届く間隔を1ヶ月から3ヶ月で選択できて、2回目からでも停止が出来ると言うではありませんか。
こんな自由に購入出来る定期便とか見た事がなかったので、超気軽にシボヘールをお試ししてみようと思いました。

シボヘールの定期便がスゴイ理由

また、過去の怪しげな飲むだけで大丈夫的な煽り文句が入っているサプリと違う所も魅力的だと思います。
シボヘールの公式サイトを見ると、お腹の脂肪を減らすには適度な運動とバランスが取れた食事と大きく書かれているんですよね。
その現実的な話を敢えてしている点に僕は魅力を感じました。

葛の花由来のイソフラボンに科学的根拠がある理由

シボヘールの成分である、葛の花由来のイソフラボンに脂肪減少の科学的根拠がある所も良いですね。
これなら健康を害せず、気になっていたお腹へ綺麗にアプローチできそうな感じがします。
このような経緯からシボヘールを超気軽にお試しする事が出来ました。

目次へ戻る

シボヘールの定期便の解約方法を確認しておいた

シボヘールの定期便ですが、やってみたのは良いけど解約が難しかったら困るので、先にやり方を確認しておきました。
公式サイトを見てみると、どうやららくらく定期便の変更や停止は、電話かインターネットで出来るみたいですね。
契約回数とか関係無しで、次にシボヘールが届く10日前までに手続きを行えば良いとの事。
でも、具体的にどこに電話をかけたり、ネットでの手続きをすれば良いのかぱっと見ではわかりませんでした。

シボヘールの定期便解約方法

そこで公式サイトをくまなく見て回っていきました。
すると、定期便の初回限定価格980円と書かれてある下に、こっそりとお電話、メールなどでいつでもできると書かれてありました。
あと、問い合わせの電話番号やメールについても、シボヘールの公式サイトを下方向へ突き進むと発見です。
電話についても年中無休なので、仕事とかで平日に時間が取れなくても安心でした。

シボヘールの連絡先掲載場所

これでシボヘールというか、株式会社ハーブ健康本舗に好印象を持ちましたよ。
解約とか変更などのやり方を先に知っておけば、安心して定期便を試す事ができます。
それが簡単な方法であれば、何だかんだで嬉しいものです。
結局、シボヘールの定期便が、どれだけ魅力的でも、解約方法がわからなかったら不安ですからね。

目次へ戻る

シボヘールの葛の花由来のイソフラボンがどう役立つのか?

シボヘールの成分である葛の花由来のイソフラボンって何だろうというか、どう役立つのか気になりました。
公式サイトを眺めていると、葛の花由来のイソフラボンの脂肪減少データとかありますね。
どうやら肥満ぽい人達に対して、葛の花由来のイソフラボンを食事をある程度制限して、それなりに毎日歩かせてみたらしいです。

葛の花由来のイソフラボンを摂取した結果

すると、お腹の脂肪とかウエストのサイズや体重が減少したという話です。
これだったら、シボヘールを飲んで、もっと食事も運動も努力したら凄そうだと正直思いました。
でも、このデータを見ると、9000歩とか歩いていたとか書いていますね。

ただ飲めば良いというわけじゃない

さらっと書かれてますが、運動不足状態だと5000歩とかでも割とツライです。
何だかんだで脂肪燃焼には、それなりに有酸素運動は必要なんですね。
それで葛の花由来のイソフラボンって何なの?と今更ですが思いました。

葛の花由来のイソフラボンは王道ダイエットと相性が良い

軽く調べてみると、葛というマメ科の植物の花には、7つのイソフラボンが入っていました。
なるほど、難しい事はわかりませんが、葛という生薬の中には、それっぽい成分が入っているという事ですね。
そんな訳で、シボヘールの葛の花由来のイソフラボンは、お腹の脂肪を減らしたい時に運動などと併用すると役立ってくれると理解出来ました。

目次へ戻る

シボヘールは副作用とかない安全なサプリなの?

シボヘールを飲み続けても副作用とかないのか、本当に安全なものなのか、初めて飲むなら気になる所です。
とは言っても、シボヘールはサプリメント、いわゆる食品なので副作用なんてアレルギーに引っかからない限りなくて、基本的に安全と言えます。
主成分の葛の花由来のイソフラボンが、漢方薬の葛根湯の元となる葛から出来ている時点で安全だと考えられますね。

シボヘールは安全性が高い食品

あとシボヘールは医薬品じゃないので、副作用を心配する必要はないのです。
ただ、食品だからといって、推奨されている1日4粒を遙かに上回る量とか摂取すると、健康を害する可能性はあるかもしれませんね。
でもこれって、食べ過ぎでお腹を壊すのと同じだと思うのです。
さらに、メイン成分の葛の花由来のイソフラボン以外に入っている添加物達にも注目してみました。

推奨された数を完全に無視して飲みまくるのは危険

まずは、還元パラチノースという虫歯にならない甘味料ですね。
これは血糖値が乱高下しにくいもので、シボヘールがお腹の脂肪を意識している点がよくわかる成分です。
モチロン、安全性の高さが優れた添加物と言えます。
次に錠剤をしっかりと飲みやすくコーティングする二酸化ケイ素ですが、これも安全な添加物です。

シボヘールの安全性まとめ

あとショ糖脂肪酸エステル、セルロースが目に付きます。
これらも間違えて大量摂取とかしない限り、健康に害を及ぼす可能性は低いでしょう。
このような理由から、シボヘールは副作用が出にくい安全なサプリと言えます。

目次へ戻る

シボヘールは機能性表示食品らしいけど一体何者?

シボヘールは機能性表示食品との事ですが、これって一体何者なのかよくわかりませんでした。
それで機能性表示食品とは何か学んでみると、科学的根拠が証明されていて、機能性と安全性が消費者庁に届けられている食品でした。
簡単に言うと、シボヘールの成分の効果が、科学的な根拠があって、超安全っていう感じですね。
要するに、お腹の脂肪を減らす活動を補助してくれる事が、色々な実験から証明されているわけです。

機能性表示食品って何だ?

だから何が入っているかわからない、口コミだけが先走っている怪しげなダイエットサプリを飲むより、余程信頼度が高いのです。
僕は以前、ただお腹が下るだけのサプリもどきに当たった事があるだけに、これは激しく理解出来ます。
だから、シボヘールだけでなく、色んなサプリを選ぶ時に機能性表示食品だという事は、良い判断材料になりますね。
今回、機能性表示食品について調査していると、何やらトクホという言葉もよく目に付きました。

機能性表示食品の意味

このトクホ、機能性表示食品と似ているみたいですが、微妙に違うみたいですね。
よく見ると、特定保健用食品と呼ばれるトクホも科学的根拠があって、健康維持や増進に関する効果を表示しても良いとなっています。
でも栄養機能食品は、成分の効能について記載できるだけみたいですね。
うん、はっきり言って超絶にややこしいです。
詳しく見ていくと、シボヘールに該当する機能性表示食品は国の審査がなくて、成分の科学的根拠がある資料を示せば良い感じですね。

トクホの簡単な意味

あと情報公開を義務づけられている模様。
そしてトクホは国の審査があって、製品を人に使い科学的根拠を出す事が必要です。
でも、情報公開を義務づけていない所が面白いですね。
まあ、それは置いておいて、シボヘールは機能性表示食品という事です。

目次へ戻る

シボヘールをアマゾンで探してみた

シボヘールが、もっと安く手に入らないかと思ってアマゾンで探してみました。
まずはアマゾンに行って、検索窓に「シボヘール」と入力
すると、ダイエット系のサプリらしきものがいくつか登場です。

アマゾンでシボヘールを検索

でも、シボヘールの姿はありませんでした。
それでもさすがはアマゾンですね。
しっかりと内臓脂肪系サプリだったり、燃焼系のサプリを出してきていました。
これだったら、別にシボヘールじゃなくても、単にダイエットで役立つサプリが欲しい人なら思わず買ってしまうかもしれません。
僕自身も少々気になって、アマゾンで出てきた商品達を見てしまいましたからね。

アマゾンの検索結果で脂肪燃焼サプリがいっぱい

これだけ空気を読んだ検索結果だと、もしかしたらシボヘールは過去にアマゾンで取り扱われた事があったのかも?なんて事も考えてしまいます。
もしもアマゾンで安い価格だったら色々と嬉しいんですよ。
通常の通販サイトと違って、プライム会員だと大体翌日に速攻で届きますし、上手く使えばヤマト運輸で配送して貰えますからね。
ここで無いのなら、次は公式サイトと楽天とかを比べてチェックする必要がありそうです。
まあそんな感じで、シボヘールをアマゾンで探してみた結果、特に見当たらなかったのだから、ここはスルーして次へと進んでいきますよ。

目次へ戻る

シボヘールが楽天で買えるか確認してみたよ

シボヘールが楽天で買えるのか確認してみる事にしました。
とりあえず楽天市場で「シボヘール」で検索ですね。
すると、あっさりと「該当する商品はありませんでした」と出てきました。

楽天でシボヘールを検索

しかもアマゾンのように関連ダイエット商品とかは出てこなくて、売れ筋ランキングが登場。
どうやら楽天ではシボヘールは認識されていない模様です。
もしも楽天で買えるのなら、ポイントを使ってお試しする事も可能だったので残念ですね。

楽天でシボヘールを検索した結果画面

ここで何かしらのダイエット商品とかが出てきたら、一瞬目移りしそうでしたが、何も出ないので無駄な時間を過ごさずに済みました。
これですんなりと公式サイトで買う事が正しいと判断できます。
こういった流れで、シボヘールが楽天で買えるか確認した結果、普通に公式サイトでしか買えない事がわかりました。

目次へ戻る

シボヘール使用中に痩せるための食事方法

シボヘール使用中は、段階的に痩せるための食事方法に切り替えていきます。
お腹の脂肪を落とす食事と言えば、最近流行の糖質制限的なものをやりまくるジムがありますよね。
何人か知っている人が、その手のジムに通ってダイエットにチャレンジしている様子を見た事があります。
でも確かに結果は出るけど、過酷な割にめちゃくちゃスゴイ成果にはなっていないんですよね。

急激な食事制限や運動は継続できない可能性が高い

いや正確には、辛い思いをして一度は成功するけど、結局リバウンドしているわけですよ。
その理由は、いきなり過激な内容の食事制限をしてしまうからです。
例えるならゼロから、いきなり100にするイメージですね。
頑張ってシボヘールでダイエット補助していても、無茶すれば失敗は確実。
糖質とかいっぱい食べていたのに、いきなりゼロにするとどうなるか?

いきなり糖質をゼロにした結果

身体がビックリして、しばらくは痩せても、身体を守ろうとして脂肪を逆に蓄えようとし始めます。
それがよくある停滞と言う奴ですね。
あと、苦しすぎてストレスが溜まって、思いきりリバウンドする例も多いわけです。
では、どうやったら痩せる食事を継続する事ができるか?
実は、この答えは本当は皆知っているんですよ。

食事制限の第一歩は楽勝な所から始める

無理しなくても継続できるレベルで、少しずつ段階的に食事制限する事です。
炭水化物など糖質を制限すると、身体の脂肪をエネルギーに変えてくれるから痩せるのは本当です。
ただ、それを体と心がパニックにならないレベルで、ちょっとずつやる必要があります。
そんな成功しやすいダイエットの食事方法を僕は学びました。
シボヘール使用中に、この痩せる食事方法を習慣化しようと思います。

目次へ戻る

シボヘールで成功するために食事を工夫してみた

シボヘールと運動で何とか成功しようと思い、食事を工夫してみました。
まずは間食でよく食べていたスナック菓子をやめて、水だけにするか低カロリーでタンパク質が多いスルメを食べます。
実はこのスルメ、意外と空腹感を無くしてくれるからビックリですよ。

間食をスナック菓子からスルメにスイッチ

そして食事は、朝と昼は食べ過ぎない事だけに気を付けて普通に食べます。
肝心なのは夕食で、ここでスパッと糖質ゼロにしたい所ですが、いきなり白米を食べないとか辛すぎです。
そこで、とりあえず半分にする事にしました。

夕食の白米を半分程度に減らす

さすがに摂取カロリーが多すぎると、シボヘールだろうが何だろうが意味がなくなります。
とにかく、いつもは大きめの茶碗に山盛り1杯食べているご飯の量を、とりあえず半分ですね。
おかずは意識して野菜を多めにして、肉、魚、豆類などタンパク質を重視です。

おかずは野菜多めでタンパク質を意識する

最初なので、特に脂肪とかは気にしないで食べちゃいます。
ステーキとか焼き魚とかバッチ来いですね。
こうやって、ご飯を半分にする事に慣れてきたら、さらに少しずつ減らす感じで進めていきます。
こんな食事をしながら、間食の時にシボヘールを2つずつ沢山の水で飲んでいきます。

夕食からご飯パン麺類を段階的に無理なく減らす

この食事方法で夕食の白米やパン、麺類等がゼロになったら、次は昼食の炭水化物を微妙に減らすイメージですね。
でも、絶対にここで無茶をしない事が停滞とかリバウンド対策になるのです。
僕は、このような食事の工夫をして、シボヘールで成功を目指してみました。

目次へ戻る

シボヘールを飲みながら脂肪を燃やすための運動

シボヘールは、脂肪を燃やすための運動との相性は最高です。
何せ脂肪の燃焼を手伝ってくれるという、葛の花由来イソフラボンという成分が入っていますからね。
脂肪を燃やす運動と言えば有酸素運動ですよね。

歩くだけでも有酸素運動になる

でも有酸素運動って、やった事が無い人は過酷な運動と思っているかも知れません。
実は脂肪が燃やそうと思ったら、過酷すぎる運動になっているとあまり良くなかったりします。
呼吸が乱れる1歩前くらいで、ウォーキングとか脚踏み運動やサイクリングをするとイイ感じなのです。
実際息切れするくらいの運動だったら、20分とか30分とか出来るわけがありませんよね。

息切れしない程度の運動でも脂肪が燃える

普通の散歩も30分とか1時間やれば立派な有酸素運動です。
思っているよりも過酷じゃないのが脂肪を燃やすための運動なのですよ。
僕はシボヘールを運動前と重なるように時間を決めて飲んでいます。
また、有酸素運動のように直接脂肪を燃やすもの以外に、筋トレも実は体脂肪を減らす時に役立ちます。

筋トレも脂肪燃焼に役立つ

筋肉量が増えると代謝がアップするので、脂肪が燃えやすくなるのです。
すると、そこで有酸素運動を行えば、さらに効率的に脂肪を燃やす事が可能となります。
この2つの運動を少しずつ実行すれば、お腹の脂肪を燃やす最短ルートが歩めそうです。
こうして僕は、脂肪を燃やすための運動をしながら、シボヘールを飲む事となりました。

目次へ戻る

シボヘールの効果を加速させる朝の運動

シボヘールの効果を加速させるには、朝の脂肪燃焼運動が、かなりイイ感じです。
どうしてかというと、朝って前の日の夜に食事をしてから、物凄く時間が経過しているからなのですよ。
はい、滅茶苦茶お腹が空いた状態で、運動のエネルギーとして使うものが身体に入っていません。

朝起きた直後は体脂肪を燃やすチャンスタイム

そのまま朝食を取らずに運動すると、体脂肪を割と早めにエネルギーとして燃やしてくれるわけですね。
そこへ脂肪を燃やすお手伝いをしてくれるシボヘールを飲めば、さらに効果が上がるのは当たり前です。
僕は以前、いきなりジョギングとか始めてしまい、初っ端から膝を壊した経験があります。

運動不足で無理すると怪我する可能性大

勿論、あっさりと運動は挫折ですよ。
今回、シボヘールを使う事がきっかけで、再び朝の運動にチャレンジしますが、怪我しないようにジワジワと進めたいと思います。
そんな訳で、まずは膝に負担がかからない、油圧式のステップマシンを用意しました。
これなら、朝から外を出歩いて、ちょっと人の目が気になったりしませんし、雨の日も問題無いです。

有酸素運動が出来る器具があれば便利

自室にスグ使えるように設置してあるので、思い立ったら準備無しで朝の運動が可能という所も素晴らしいですね。
具体的には、朝起きたら顔を洗ったりしてから、水分補給を済ませて食事前に30分ステップ運動をするのです。
このようにシボヘールの効果を加速させるべく、朝の運動が簡単に継続出来るための準備は万全となりました。

目次へ戻る

シボヘールの痩せる運動を効果的にする飲み方

シボヘールで痩せる運動を効果的にするための飲み方は、何と言っても運動前でしょうね。
だから僕は、朝起きたら多くの水と一緒にシボヘールを飲んでいます。

朝起きたらすぐに沢山の水とシボヘール

その後、朝の脂肪燃焼と腹筋運動ですね。
それから朝食をガッツリと食べてから仕事です。
シボヘールは1日4粒なので、朝は2粒飲むようにしています。

朝の有酸素運動から腹筋のやり方

できるだけ身体を動かす前に飲みたいので、なるべく朝一は外さないようにします。
例えば、職場などから夕方や夜に帰宅する前のタイミングを狙うのもありです。
仕事が終わった直後に沢山の水と一緒にシボヘールを飲むと、水で疲労回復が早まるし、移動はなるべく歩くようにすれば脂肪燃焼にも繋がります。

夕方のシボヘールの飲み方

もし仕事などの後にジムへ通ったりするのなら、なおさら夕方に飲む方法は良いでしょうね。
僕は仕事が終わった後、風呂前に軽く筋トレをするので、夕方にもシボヘールを2粒飲みます。
あと、飲み物はなるべく水というか、ミネラルウォーターにした方がダイエット的には良いですね。

普段飲んでいた清涼飲料水をミネラルウォーターに変える理由

シボヘールを飲む時以外も、清涼飲料水を飲んでいるのなら、なおさら水を飲むべきでしょう。
僕は以前、炭酸系のジュースをよく飲んでいましたが、それを水に切り替えただけで、かなり痩せた事があります。
シボヘールの痩せる運動を効果的にする飲み方と同時に水を意識すると、きっと良い流れがやってきますよ。

目次へ戻る

シボヘールを実際に飲み始めた時の様子

シボヘールを実際に飲み始めてみた時の様子を振り返ってみます。
最初にパッケージを確認したのですが、1日4粒で120粒入っているので、1袋で30日分ですね。
はい、そんなわけなので、とりあえず2粒飲んでました。

シボヘールが手で簡単に開く証拠

まずはシボヘールを開封するのですが、何だか普通に「手で切れます」と書いてありますね。
思わずハサミを用意していましたが無駄に終わりました。
では、一気に素手でシボヘールを開封です。

シボヘールを指で開封している姿

指で摘まんで引っ張るだけで、割と簡単に開封完了しました。
こうして、いざ飲み始めてみようとすると、ちょっとドキドキしますね。
中身を見ると、良い色とは思えない粒が入っています。

シボヘールの中を確認

あと、思っていたよりも量が少ない印象を受けました。
小さい粒だから、120粒程度だと大体こんな風に見えるのかも知れませんね。
そしてシボヘールの匂いを確認すると、微妙に苦さを妄想させるような感じでした。

手で実際にシボヘールの中身を持ってみた

飲む前に実際に手の上に2粒取った時は、まあ普通の錠剤型サプリメントのイメージでした。
どうせ水で一気に飲むので、匂いとか味とか気にする必要はありませんよね。
どっちにしても、ペロペロと舐め回してシボヘールの味を確認したいとは、あまり思いません。

シボヘールを味わっている様子

なんて言いつつ、ちょっとだけ味わうと一瞬甘さが来て、次に苦みが来る印象でした。
好き嫌いが分かれそうな味なので、匂いが嫌いな場合は、すぐに水で飲み込んだ方が良いです。
こうして実際にシボヘールを初めて飲みはじめました。

目次へ戻る

シボヘール使用開始して2週間の途中経過と感想

シボヘールを使用開始して2週間になるので、途中経過とダイエット実践の感想を書いてみます。
予定としては、ひたすら毎日、朝は脂肪を燃やす運動を継続しようと思っていました。
でも、正直な所、これまでの運動不足からか、足がだるいというか痛いというか、何とも微妙な状態になったのです。

運動不足で有酸素運動した結果

どうやら有酸素運動の地味な刺激が、疲労として蓄えられたみたいですね。
そこで仕方無いので、週に1度は完全休養する事としました。
実際は5〜6日に1度は休む感じですね。

有酸素運動の地味な疲労を回復

でも、シボヘールは、予定通り毎日2回飲み続けています。
それでお腹はどう変化してきたのか、途中経過を公開しておきますね。
最初の1週間は元気だったので、超頑張って有酸素運動から腹筋をやりまくっていました。

肉体改造を夢見て激しく運動してみた

また、間食や食事関連の制限も、余裕がある所から入っているので、思ったよりラクです。
だから、予想よりもお腹の脂肪が減ってきた印象があります。
自分的にはバキバキな腹筋まで行かなくても良いと思っていました。

最初の2週間で実践した事をまとめた図

でも、お腹の脂肪が減ってくるのを見ると、さらに上を目指したくなりますね。
これがシボヘールの効果か自分がやっているダイエットの効果かわからない所が微妙ですが、見た目が変わるとやはり嬉しいです。

スタート時と15日目の朝でお腹を比較

このように結果が出てきたら、もっと運動も食事制限もレベルを上げたくなるから、良い流れになっているのではないでしょうか。
以上がシボヘールを使用開始後2週間の途中経過と感想でした。

目次へ戻る

シボヘールで成功出来る可能性が高い人の特徴がわかった

シボヘールで成功出来る可能性が高い人の特徴を実際に使用中の僕なりにまとめておきます。
ガチで使い始めて2週間が経過すると、さすがに色々と細かい事がわかってきました。
チラッとネット上でシボヘールの口コミを見てみると、失敗したという人も割といるんですよね。

シボヘールで失敗という口コミが多い

でも、僕の場合、意外と早めに良い雰囲気になってきました。
その違いは、そんなに難しいものではありません。
まずシボヘールで失敗してしまう人の特徴は、とにかく運動や食事制限どころか、シボヘールを飲む事自体も継続できないという感じです。

ダイエットが継続できなかったり勘違いしている人達

あと、ただ飲むだけで綺麗に痩せるとか考えている人も失敗街道まっしぐらとなります。
では、どうすればお腹の脂肪を減らす事に成功出来るのかというと、何と言っても全てを継続する事なのです。
だからこそ、運動も食事の改善も、絶対にやれるという自信が持てるレベルの小さなステップを踏むべきなのですよ。

シボヘールで成功するなら継続が重要

僕は、ほんの少しずつダイエットを実践して、とにかく続ける事重視で頑張っています。
そこへシボヘールを飲む事で、効率的にお腹の脂肪に刺激を与えています。
その結果、ぷよぷよした部分が微妙に減ってきました。

ダイエット継続の秘訣は無理な目標を立てない事

実際、無理していないので、今でも全然ストレスとか感じていません。
これだったら、まだまだシボヘールもダイエットも継続する事が楽勝です。
そんなわけで、シボヘールで成功出来る可能性が高い人の特徴は、「少しずつでも継続できる」でした。

目次へ戻る

シボヘールを使用して成功したいなら食事と運動の強度調節が重要

シボヘールを使用してダイエットに成功したいなら、食事と運動の強度を調節する事が重要となります。
自分が2週間の間にやってきた事を公開していますが、誰もがその通りやって上手くいくとは限らないのです。
何故なら、人それぞれ体型も違うし、体脂肪、筋肉の付き方もバラバラだからですね。

人それぞれ脂肪や筋肉の付き方が違う

シボヘールの効果を最大限に活かすには、自分に合った食事の量と内容、さらに運動を行うべきなのです。
実践する方法自体は、僕がやっている事を基本にすれば、大体合っていると思います。
ただ、その中身とか強度を自分に合うように調節しなければいけません。

ダイエット食の基本と強度調整方法

まず、食事に関しては、少しずつご飯や麺類といった炭水化物を減らす必要があります。
だから、最初に今自分が食べている食事内容を数日かけて書き出してみるとわかりやすいです。
そこから、ようやく無理なく減らす量を決めて、間食にシボヘールという形ですね。

炭水化物を減らす理由まとめ

活動するエネルギーである炭水化物の摂取量が減ると、体脂肪をエネルギーとして使われ始めます。
すると、プヨプヨな部分が減ってくるという原理です。
次に運動ですが、お腹痩せしたいのだから、やはり腹筋運動が中心になります。

お腹痩せの筋トレは腹筋運動が基本

僕は、元々筋トレが好きでしたが、腹筋はあまり好きではありませんでした。
だから不摂生していると、お腹がエライ事になってしまったのです。
まあ、昔は運動していただけに、それなりの腹筋メニューを最初からやっています。

運動不足では綺麗な腹筋運動は無茶過ぎ

でも普通の運動していなかった人が、いきなりハードな腹筋運動とか有酸素運動とか、まず無理ですよね。
そこで、シボヘールを飲みつつ、1つずつ段階を踏んでいく事をおすすめします。

シボヘールを飲んで1つずつステップアップ

例えば、ウォーキングの30分が無理なら、10分からスタートして習慣化を目指します。
それで余裕が出たら、1分とか2分ずつ時間を延ばせば、いつかは30分以上できるようになるのです。

有酸素運動も小さな段階を踏んで行おう

シボヘールを飲むという習慣は、割と楽に達成出来るはずなので、とりあえず飲むのを忘れないようにしましょう。
あと最大の難関、腹筋運動ですが、運動不足だったらできる方が珍しいです。
そんな時、最初は仰向けに寝て、お腹に顔を向ける程度の上がり方から始めましょう。

超初心者向けの腹筋運動

僕も生まれて初めて腹筋運動した時、そこから始めていました。
そして、余裕が出てきたら、だんだん上へ上がっていけば良いのです。
このように、シボヘールを使用してダイエットに成功したいなら、食事と運動の強度を調節する事が重要となるわけですね。

目次へ戻る

シボヘールを1ヶ月飲んで痩せた具体的な方法

シボヘールを1ヶ月使って良い感じで痩せたのですが、具体的に何をしたか、その方法を公開します。
ただ、最初という事で、かなり無茶をしてしまい暴走気味に痩せたので、今後はペースを落としていこうと思います。
では、この1ヶ月の食事は、どんな感じにしていったのか?
基本的には上手い具合に身体のエネルギーとなる成分を減らし、体脂肪を燃やして貰う作戦です。

ダイエット運動前はエネルギー枯渇状態にする

だから運動前には、身体に炭水化物系が少ない状態にしていました。
逆に寝るだけが目的の夜は、エネルギーを沢山摂る必要はありません。
まとめると、食事は朝はパンとかご飯とか普通に食べて、1日元気に動けるようにします。
そして夜になるにつれて、少しずつ減らしていくわけですね。

朝は活動のためにご飯やパンを補給

ちなみにシボヘールは、朝起きてすぐに水と一緒に飲んでいます。
そして朝から昼の間に超お腹が空いたら、水を飲むか、小さなバナナを1本食べる程度ですね。
昼食からは、カロリー調整も兼ねて、少しずつ炭水化物を減らします。
でも全然食べないわけじゃありませんよ。

昼食はタンパク質と野菜たっぷりと炭水化物少々

タンパク質を中心に野菜もいっぱい食べるイメージですね。
そこへパスタなどを少しだけ食べる感じです。
白米ドカ食いとか、ご飯と麺類同時食いとかは避けます。
午後の間食は、水でなるべく誤魔化して、ヤバイ時はスルメをかじりました。

夜の食事はなるべく炭水化物を減らす

あと夜は、昼食のパターンから白米や麺類などの炭水化物を無くすか、微妙に食べる程度ですね。
さらに、夕食前にはできるだけ歩くようにしました。
その前にシボヘールを水分補給を兼ねて飲みます。

運動前の間食に水多めとシボヘール

次に運動内容ですが、最初の2週間にすっ飛ばしすぎてバテたので、後半は緩めました。
基本は運動前に水とシボヘールの形は変わりません。
間食の時に飲んでおけば、大体運動時間と重なる感じです。
あと動く前は、身体に水を入れておいた方が良いからですね。

3週目から1ヶ月終了までの運動内容

最初は5〜6日に1回だった休養日を4日に1回としてました。
また、朝の腹筋運動は、それぞれの種目で1セット限界までに変更です。
調子に乗って3セットとかしていたのですが、無茶し過ぎて継続が難しかったからですね。

ダイエットを1ヶ月継続したお腹の変化

こうして、頑張り過ぎずダイエットしてみると、何とか少しはお腹が絞れてきた気がします。
これらの行動が、シボヘールを1ヶ月使って痩せた具体的な方法でした。

目次へ戻る